fc2ブログ

大和で九街憲章の見直しが行われるらしい

評議会に関わる身の上のはしくれとして、瑞穂はもちろんのことですが、他のシャードの評議会ってどんな感じなんだろー?と関心を持ったのはいつだったか。
なので、評議会のログがアップされたときには、読ませていただいています。

特に、大和の評議会のログについて、いつもアップしてくださっている、「Endless UO :re」さん!
大和評議会への愛がとてもよく表れていて、読んでいてすごく温かい気持ちになります。

「Endless UO :re」さんの6月の大和評議会の会議録を拝見すると、大和の陛下は、全首長が揃ったときに九街憲章の見直しを予定しているとのことでした。

九街憲章とは、制定された当時の首長が陛下から出された課題で、各首長が各街の徳についての言葉を盛り込んで作成した、徳の解釈文のようなものであり、この解釈文は、首長としての行動や、街の活動の指針とされる内容でもあるらしい。
※ちなみにベスパーはカオスの徳について作成されているようです。

ほおおおお@@
そんなものが大和にはあるのか~~
大和のEMリワードホールに、本として残されているようなので、興味のある方はぜひ。

すべての首長が作成し、署名するって、なんだかとっても評議会っぽくていいですね~!
しかも5年ごとに見直される(ということは今回が初かな?)ところが、よく自治体で策定されているなんとか計画とかなんとか構想ぽくて本格的。


しかし、大和評議会の会議録を見ると、どうやら大和には現在空席となっている街がいくつかあるようで・・・
本来は2020年8月がその”5年後の見直し”の月にあたるようですが、大和の陛下がおっしゃるには、九街すべての首長が揃ったときに見直しを行いたいと考えている模様。

会議の中でも大和の陛下がおっしゃっていたようですが、改めて大和EMサイトにて、「大和シャードのみでなく、他シャードからの大和シャードのイベント、評議会へのご参加、首長への立候補を歓迎致します。」と広く首長への立候補を求めていらっしゃいました。

まあ、会議録を見ると・・・

どうみても某T首長が狙われているとしか思えないのですが\(^o^)/

陛下の押しが・・・すごく・・・強いなあ・・・・w
Tさん大和に行ってもがんばってくださいね?
とかなんとか書くと、勘違いしちゃう人もいるかもしれないのでちゃんと書くけど、
首長をするということはそれなりの覚悟が必要なことではあるので、自分の意思が一番大事だと思います( ´△`)

大和の評議会を以前観に行ったときに感じたのは、やはりピリッとした緊張感。
ブリタニアの最高機関であることがうかがわれるような格式高い空気がありました。

逆に、大和で行われているイベントの内容やアバタールなどのブリタニアの登場人物に疎いと、なかなか理解が難しいところがあったのも感想@@;
限られた人にとってのコンテンツと割り切ればそれも良いのですが、広く関心を持ってもらうためには、前提となる知識を学ぶことのできる機会や場所があるといいのかなぁと個人的には思いました。
桜や飛鳥で行われている「ブリタニア・アセニウム」の試みは、もしかするとそういう機会の提供の走りなのかなぁと思ったりしてるのですが、どうなんだろう。

各街の評議会、様々な特色がありますが、大和の評議会は超ロールプレイを楽しむことができる(もちろん他のシャードにおいてもロールプレイですが)場である上、UO本来のストーリーやイベントに関連が深く、関心を持つことのできる貴重な機会だと思うので、興味のある方はぜひ!
え?私はあれですよ・・・そもそもロールプレイができない上に秋頃から不在がちになるので・・・・げふげふ・・・・
あとほらあれです。私にとっての陛下はただ一人なんで!


ところで、この九街憲章のような取り組みは、他のシャードではあるのだろうか。
と、自分の住んでいる瑞穂について調べてみたけど、そういったものは特になかったので、大和だけなのかもしれない。
でも、瑞穂には違うものがありました。

1_2020071000183063e.jpg

2_202007100019162e4.jpg

各街の観光ブック!

ルナにある瑞穂ルーンステーション様の中に、各街(ブリテインだけない?)のガイドブックが展示されていました。
トリンシックのは、たぶん前首長のかえでちゃんが作ったやつっぽいな~

このガイドブックが作成された経緯を辿ってみると、UOる?様の瑞穂評議会録の2014年2月評議会の模様を見ると、当時のミノック首長(ドラムさん!)の提案によるもののようですね。

憲章ではないけれど、これはこれで、各街の特色がよくわかる素敵な取り組みだと思いました(∩´∀`)∩

いやーやっぱり評議会録が残っているって貴重ですね・・・
こういった記録を残してくださっているサイト様にはこれからもぜひぜひ末永くがんばっていただきたい。

なんか今回は文章が多くなってしまった!
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

Mie Cat(Mont Blanc)@WKK

情報に感謝~♪

>ミルカ首長
いつも大変お世話になっております。

”九街憲章”とはこれまた興味深いお話ですね!

八徳から外れているベスパーはやはり”カオスの徳”でしたか!?

西洋的には「カオス=混沌」だろうけど、そこにどう派生的に思いを巡らせるのか
非常に興味が湧いたので大和のEMリワードホール(ルナ南西)に行こうとして、

EMイベント用キャラが全て大和を後にしていることに気付き
(もはや某非公開対人キャラしか残っていない)、


仕方なく新造ガーゴキャラで”飛んで”行ってみました・・・・

・・・・・が・・・・・・・


蔵書が多過ぎて探し出せない・・・・・・・(汗;)


”司書”様ニードです(苦笑)

NAYUTA

ありがとうございますー

ミルカさま
この度は大和評議会をふぃーちゃーしていただき誠にありがとうございます!

瑞穂の観光ガイドブックもとてもステキな取り組みですねー
各鯖毎に特色はあれど、共通しているのはあふれんばかりのUO愛でしょうか。
これからも、たまーに過去の歴史に触れつつ、新しい未来の情報を発信して行けたら幸せだなーと思います。

今後のトリニューも楽しみにしておりますので、無理のない範囲でのご活躍をお祈り致しております!

  • 2020/07/10 (Fri) 16:56
  • REPLY
T-

何をバナナ・・・

桜と大和は開催日時が毎月おなじゆえ、
タム陛下の評議会は7年ぶりに出席したのだけれど。
なんか聞いてたよりもマイルドな雰囲気だなって感じますた。

というか、流石に兼務なんてできませぬぞ!?!?
いや、ほら・・・ね。
ミルカ殿と同じで、忠臣は二君に仕えずと言いますゆえ!
*smiles*

件の大和評議会で、拙者が市政金をギャンブルでスッた的な話があったけれども。
あれは2013年の第1期・桜評議会・・・。
当時ネコマタ殿がEM業を少しの間お休みされてて、その代理として
『陛下の中の人=タム殿』だった時があったんでござる。

忘れもしない、そんな評議会でのワンシーン。
タム陛下から拙者は、こう提案されたんでござる。
『市民からの寄付金を使ってギャンブルイベントを開催したらどうかね・・・?』

(NAYUTA殿のサイトから先日の議事録を引用)
> King Blackthorn:なんでもあなたは市政金2Mをルーレットにつぎ込んだ武勇伝の持ち主らしいね。

唆したのは、アンタだァァァーーー!!!

milka
milka

様々な反響が!

>Mie Cat首長
九街憲章、みんなで街やブリタニアを作り上げていく感じがして、素敵ですよねー!
私も大和のリワードホールに行って実際に見てみたかったのですが、ホールがどこにあるかわからず@@;
ちなみに、NAYUTAさんが書いてくださっている「Endless UO :re」ブログの大和評議会6月会議録の記事の中に、各街の九街憲章の内容が記載されているので、参考になるかもしれません!

瑞穂にある"九街観光ガイドブック"。前首長が作成したトリンシックの観光本を見て、改めて街についていろいろ勉強しなければいけないと思いました><
自分の街なのにシラナイコトガオオスギル・・

>NAYUTA様
こちらこそ、評議会のログをいつも記録してくださり、そしてブログへの相互リンクありがとうございました(∩´∀`)∩
それぞれのシャードやブリタニアに対する愛がいっぱい詰め込まれたブログは、こちらもとても応援したくなりますし、楽しみな気持ちが湧いてきます!
これからもお互い、無理せずゆっくり末永くUOを楽しんでいきましょうね~
瑞穂のガイドブック作成も2014年のことなので、もう既に6年も前のことなのだなぁと・・
そして当時の首長さん(まだまだ現役の方もいますが!)はいろいろ研究したり、街の特色を勉強してたんだなぁと感心してしまいました。
瑞穂の陛下は、街の出来事を聞くのが大好きな王様なので、私も勉強しなければ・・( ´△`)

>T-首長
7年ぶりだったんですね・・・!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
いや~~T-首長から、以前桜で一時期タム陛下がいらっしゃっていたとお聞きしていましたが、会議録からも溢れんばかりの陛下からの引きと愛を感じましたよw
しかも、お二人の掛け合いが秀逸!
まるで孫悟空対フリーザ様のバトルを想起させるような、お互いの返しが「そうきたか!」みたいなワクワクがありましたw(どちらがフリーザ様なのかは想像に任せます)
もうT-さん嫁入りするしかないんじゃ@@?

まさかルーレットのくだりも、2013年の評議会での出来事だったとは・・
"古の戦い"をお互い鮮明に覚えているところも、やはりもうこれは宿命の対決!?
もし嫁入りするときは、招待状を心待ちしていますのでヨロシクオネガイシマス。