fc2ブログ

瑞穂観察日記5月 鯉釣りにトクノの海へ および表彰式

梅雨明けしましたが、皆さん夏を満喫してますかー!
海の日も超えて、夏休みを各自取り始めている頃になりますが

ブログ内容は約3か月前にナリマスヨー

ほんとね・・・

鯉釣り大会ですがもう3か月も前になるとは・・・・
月日がたつのって早いデスネー

・・・・

コホン

昔の画像



さてこの画像は公式で鯉釣り大会をしていたときの画像で少し古いものがあったので
ひっぱりだしてきました。

このときはぞろ目の重さでの勝負などもあった頃で、
色々な方の名前がはいった鯉のぼりが揺らめいていましたね。

そんなわけで鯉釣り大会ってわりと昔からあったんだよということで
今回も、EMさんの人数不足により、公式では開催されませんでしたが
有志による鯉釣り大会が開催されましたー

どんどん ぱふぱふ

2021年からなので、今回で3回目ですね。


まず概要等についてはこちら トリニューでみるみるが告知していたものを
ご覧いただければと思います。

http://tirinews.blog.fc2.com/blog-entry-1180.html



今回は、ブリテインの借金返済のためもとい、普段釣りをされない方もお祭りのひとつとして
皆で楽しくやれるといいねというコンセプトで、瑞穂カフェで鯉釣りの配信をしてみました。

2023年5月2日瑞穂Cafe 鯉釣り配信



細かな内容はアーカイブをご覧いただければと思いますが、
当日の配信の惨劇映像を配信画像から1枚の画像にしてみました。

※この日は本当にのんびり釣りだとおもってたから別どりしてなかったね!


配信絵を1枚-1

オリックスとイデミューさんは安定のツッコミ待ちの姿勢。船の上はよく滑るとか滑らないとか・・・・


エレメンタルブレス

この時四方固められてエレメンタルブレスが海上でとんでくるという・・・

配信に参加された皆様、討伐処理の協力ありがとうございました!

※ちなみに、みえらさんらしき黒っぽいひとがみえませんが、緑の怪しげなローブ姿の人がみえらさんです。



配信終了後は、私は再び、トクノの海へ・・・

明け方別の船に便乗
5月3日のりこみはじめ


そしてこのときはまだ、配信ででたあれが再びこの海にときはなたれてるとは思いもしなかったのです


昼の11時すぎまで釣りをして一旦仮眠へ・・・・

5月3日11時の甲板


5月3日 22:00

再びおきてきたら・・・なにやら不穏な連絡が


配信で倒しきれなかったのが1匹もれたのか、黒いクラーケンを翌日遭遇されている方がでたとの話

急遽、あさことトクノの海を捜索と掃除にいってきました。合わせて、釣りをしているひとたち何名からも
クラーケンの遭遇情報がでまして、遭遇情報があったポイントにいっては処理をしていたのですが

5月3日夜


これ・・・沸きなおししてるんじゃ???・・・と


その事実を確認するためにとある実験を仕掛けて
黒いクラーケンはこの夜の捜索ではもう見つからなかったのもあったので一旦終了


5月4日 5:00

再び少し休憩をして、明け方に鯉釣りしてる密漁船に乗り込んで鯉釣り再開しました。
最終日使用前


そしてメンテ開けて暫くした頃に、えーんと泣き声がとんでくると

救難信号



あ・・・

クラーケンに襲われてるにるるんが・・・

密漁船の注意事項


このあとも、クラーケンに遭遇して死亡者も発生してしまい、とりあえず、リスポーン対策になるかわからないけれども
ちょっとクラーケンを釣り上げて、そのまま釣りをしながら航行という酷い状況に・・・・

鯉釣りの道中


赤いクラーケンはエレメンタルブレスは吐かないので凶悪ではないのですが、それでも戦闘キャラでなければ
危ないのは危ないので、鯉を釣ってるのかいか(クラーケン)釣っているのかわからない状況に


そんなわけで、瑞穂のトクノの海だけなんか、鯉を釣ろうと思ったらなぜかいか(クラーケン)が絡みついてきたぜな状況となっていました。

そのクラーケンは灯台のクラーケンじゃない?と思われる方もいるかと思いますが、
目撃情報で多いのは鯉が釣れるポイントになぜかよく遭遇したーと連絡がありまして、
そこの事実関係は不明なのですが、あからさまに違う黒いクラーケンではなかったのですが
灯台とはちょっとスペックが違うクラーケンでした。

そろそろ処理のお時間


参考までに、通常の灯台の周囲にいるクラーケンのステータス画面の画像を撮ってきてもらいました。

通常の灯台クラーケン


今回はしいて言えば、瑞穂式 鯉釣り中でもトレーニングできるよ だったのかもしれませんが
釣りの場合、サーペント程度を処理できるぐらいの非戦闘員の方もいるので、その方々が釣りができない状況下は
本末転倒ですのでもう少しだけやり方をいろんな方を交えて意見交換されてみてもいいかもしれませんね。

特にGW中なので、外出される方も多いので
隙間時間に外出先から釣っている方や、処理できるひとが手薄だったり等ありますのでよろしくですよ。


来年は平和な海で、綺麗な風景がその期間だけ見れるとか、いるかの背中にひょいととびのれたりすると楽しそうですね!
なんかいるかは(以下略 とか声が聞こえてきそうですが、そこはスルーで!


さて、大会の結果については、瑞穂内の表彰式は月曜から討伐会終了後に開催されました。

その内容はこちら

表彰式

表彰式1

表彰式2

表彰式3

表彰式4

表彰式5

表彰式6

表彰式7

表彰式8

表彰式9


2023年の鯉釣りおつかれさまでした。





次回は先に討伐会の記事6月7月とあげるかも・・・?
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments